お問い合わせ

活動レポート

三州瓦 永坂杢兵衛

三州瓦のブランドで瓦の生産地として名高い三河地方。
ここ碧南市で江戸時代、京都で瓦の技術を学んだ永坂杢兵衛という人物がいました。
何代にもわたり瓦を製造し、地域の発展のためにつくした永坂杢兵衛の物語です。

制作にあたり、県立碧南高校の美術部が作画を担当。
物語は地元で「永坂杢兵衛(ながさかもくべえ)」の研究をされている、磯貝国雄氏に担当していただきました。
BGMは名古屋市の東海サウンド協力のもと音楽を制作。ナレーションは当時碧南高校在籍だった駒井一矢教諭が担当されました。プログラムは、愛知工科大学プログラミング研究会の皆さんが夜遅くまで作業していただきました。
制作にご協力いただいた皆様に深く感謝いたします。
カラクリBOOKSを通して、碧南市をもっと知っていただければ幸いです。

場所


名 称:

所在地:

今回読んだ本

都築弥厚物語

今から250年ほど昔、江戸時代の話です。
愛知県安城市の南に和泉という村がありました。そこで酒をつくる都築という大きな大きな屋敷があり、そのお酒はたいそう有名で、江戸でも飲まれていたそうです。その酒蔵の息子として、明和2年(1765年)に生まれたのが、都築弥厚でした。この地域を碧海と呼び、農耕をするためには、ため池の水に頼るほかない枯れた土地でした。弥厚はそこに用水を通すことを考え、私財のすべてを投げうち必死に働くのでした。しかし夢が叶う事なく弥厚は亡くなりますが、弥厚の描いた世界は後に「日本デンマーク」とうたわれた安城の発展につながるのでした。

制作にあたり、安城市の3つ高校の美術部が作画を担当。
音楽制作、ナレーション、プログラムなどもすべて有志ボランティアで行いました。制作にご協力いただいた皆様に深く感謝いたします。
カラクリBOOKSを通して、安城市をもっと知っていただければ幸いです。

場所


名 称:

所在地:

今回読んだ本

1539729247